自分支援機構

10年後には黒歴史

2018年の総括

 今年も一年の記事の総まとめとして総括記事を作っておきます。実験物理系の修士一年とかいう途方もなく忙しくなりうる時期だったこともあって(言い訳)記事はかなり少ないですが、就活と修論がある来年に比べれば時間があったはずなので反省すべきかもしれません。

エロゲの感想

 今年書いたのは一本のみです。Erewhonは神作品なのでみなさんプレイしましょう。
ngskshsh.hatenablog.com

本の感想

 本の感想も1件だけです。もちろんいろいろ本を読んではいるのですが、記事にするのは面倒だったり、専門的過ぎて中の人の正体がわかりそうだったりしたのであまり書いていません。専門書の感想がネット上にあるというのは想像以上に大事なことだと思っているので、これからもいろいろ書きたいのですがなかなか。物理などはかなり専門書のレビューが多いほうなのですが、たとえば電気・電子や機械工学に関するような専門書の感想をブログなどで見かける機会は少ないので、なるべく書いていきたいとは思っています。たぶん書き手が少ないですからね。
ngskshsh.hatenablog.com

資格類

 今年は資格全敗です。まあ電気通信主任技術者については部分的に合格したので今後につなげられたと認識することにしています。来年も基本的にほぼ受けるつもりはないので、まあまた気が向いたらという感じで。
ngskshsh.hatenablog.com
ngskshsh.hatenablog.com

その他感想文やポエム

 これがCCさくらクリアカード編の感想記事です。放置しています(開き直る)。
ngskshsh.hatenablog.com
 今年の最初に書いた目標記事。この記事に書いた内容でクリアできたのは大学卒業だけでしたね(十分な気もするが)。
ngskshsh.hatenablog.com
 これは自己紹介記事。まあポータルサイトみたいな感じです。たまーにいじってます。
ngskshsh.hatenablog.com
 SUBWAY関係の記事です。頭がおかしくなっていたとしか思えない。
ngskshsh.hatenablog.com
ngskshsh.hatenablog.com
 あとその他本当によくわからないポエムなど。一応これで今年の記事は全部のはず。
ngskshsh.hatenablog.com
ngskshsh.hatenablog.com
ngskshsh.hatenablog.com
ngskshsh.hatenablog.com

最後に

 今年はとにかく波状攻撃で用事が降ってきて大変でした。とても具体的に書く気にはなれないですが、国内学会と国際学会で一回ずつ発表したのと、すぐできそうだと思っていた実験装置の較正に尋常ではない時間がかかったのが本当につらかったです。こんなんで本当に修士出れるんですかね。ほんと人生どうしよう。まあたぶんなんとかなるでしょう(先輩方もなんとかなってるし)。

【実録ルポ】オタク、またSUBWAYに行く!!

 SUBWAY、それは上流階層の食べ物。私こと支援機構は、先日身の程知らずにもSUBWAYで商品を注文し、あまつさえそれを食べようとすらしました。そして、場の雰囲気に耐えきれず逃げ出したのでした。
ngskshsh.hatenablog.com
 これはもちろん私の被害妄想がただただひどいために起きた出来事であり、SUBWAYに何の問題もありません。そもそも、特に何の法を犯したわけでもない私がただファーストフード店を訪れたというだけで何ら恥じるべき点はないはずです。では何がよくなかったのか。それは私の心が弱いことでした。思えば、昔から若者が多い場所やおしゃれな場所に立ち入るときには過剰な不安と被害妄想を抱えていました。幼いころはコンビニにすら入ることができませんでした。要するに全て心のありようです。

続きを読む

水に濡れた本が少しだけリカバリーできるかもしれない方法

 タイトル通りの記事です。変なサービスへのアフィリエイトとかは張ってないのでご安心ください(?)。
 本が水に濡れてごわごわになってしまって読みにくい、ということはたまにあると思います。インターネットをいろいろ検索すると、乾く前の対処は見つかっても乾いてからの処置について触れる情報は必ずしも多くないです。今回、ひどいくらい力業ではありますが、乾いてごわごわのバリバリになってから少しだけリカバリーする方法を考えて実行してみたのでネットの大海に情報を投入しておきます。
 諸注意です。まず、あなたの貴重な本にこの方法を適応してしまってダメになっても責任は取りません。取れません。また、本記事は読みにくい本が少しだけ読みやすくなる(かもしれない)という意味でのリカバリーについて言及しています。劇的な回復ではありません。そして、一度濡れた本は多かれ少なかれ劣化が早くなると思いますが、そういった劣化や摩耗を防ぐための方法ではないことをご確認ください。

続きを読む

感想:Erewhon(CLOCKUP)

 CLOCKUPから先週の金曜日(7/27)に発売された『Erewhon』をプレイしたので感想を書きます。物語の真相に深く関わる内容は背景と同色にしてドラッグしないと見られないようにしましたが、基本的に少しのネタバレに注意するつもりはないので未プレイの方などはご注意ください。

続きを読む

電気通信主任技術者(伝送交換)を受けてきた話(その1)

 こんにちは。支援機構です。最近は大学から帰ってきてはひたすらアニメを見て精神の安定に努めています。先日、電気通信主任技術者伝送交換主任技術者の方(分類については後述)を受けてきたので簡単に記事にしておきたいと思います。自己採点によると不合格なので、合格体験記のような立派なものではなくて単なる日記であることをご了承ください。一応、受かった科目の参考書類のレビュー(そんな大層なものではないが)は参考になると思います。

続きを読む

『新版 量子論の基礎』(サイエンス社)を読んだ

読んだきっかけ

 こんにちは、支援機構です。大学院に入って一カ月ほど経ち、少しは生活も落ち着いてきました。去年度はいろいろと忙しくてあまり勉強もできなかったのですが、今年度は少しは勉強しようということで、手始めに軽めの物理の本を読むことにしました。(注:この文章は5月上旬くらいに書いたもの(一部誤字を訂正)です。公開するのを忘れていました。
 そんなこんなで本棚から引っ張り出してきたのがこちら。
清水明著『新版 量子論の基礎』(サイエンス社、2003)

この本は私が最初に量子力学量子論)を勉強したときに読んだ思い出の本なのですが、最近どうも基礎的な部分が疎かになっているような気がしたので再読することにしました。この本では、高度な内容が含まれている章や節にはスペードマークがついていて飛ばして読んでも問題がないようになっているのですが、これを機にあとがきに書いてある「ある程度学年が上がったら、本書を再び取り出し、スペードマークの付いた項目を読むことを強く勧める」を実行しようというわけです。
 最初はサクッと読んで細かいことを思い出すに留めるつもりだったのですが、今読むとクリティカルな部分が数多く記述されていることに気づいて自分の成長を少し感じました。いやほんと、学部一年のころによくこれを読めたなという感じです。当時*1は難易度の高さに気づけないために逆に読めた気分になったのでしょう。

*1:その当時でさえ、難しい本だなあと思ってはいた

続きを読む