読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

全力自分支援機構

10年後には黒歴史

結局11月は一回も記事を書かなかったでござる

雑記 書評

 記事タイトルの通りでございまして、適度に忙しかったしそもそもネタがなかったもんで一切記事を書かないという体たらくでした。なんかちょっと反省してます。ネタがないことに変わりはないので、最近の近況と、単独の記事にするほどでもない本の感想でお茶を濁したいです。

 

 

 とりあえず最近のビッグイベントとしては、アマチュア無線技士1級の試験を受けてきたことでしょうか。真面目に趣味をやっていらっしゃる方には本当に申し訳ないんですが、無線通信に強い興味があったわけではなくて手頃な難易度の電気・電子系資格ということで受験しました。公開された解答を見てみると余裕を持って合格していたので、まだ発表はされていないとはいえ受かった体で記事を書きます。

 

 感想を端的に言うと、思ってたより難しかったが、言われているほど難しくはなかった感じです。「一週間で取れる」みたいな冗談をネット上で見かけますが、実際大学を休んで勉強すれば(社会人なら仕事を放棄して)一週間は不可能ではないと思います。私はアマチュア無線だけに専念してたわけではない(大学の課題がつらい)のでゆっくり3週間くらいかけましたが、まあそれなりに余裕でした。難しいと言われている計算はぶっちゃけ理系にとってはたわいもないレベルでしたが、工学も法規も暗記するべき事項がかなり多く、その点では苦労しました(4~2級を受けずにいきなり1級を受けたからでしょう)。まあ詳しいことは合格発表を見てから単独で記事にします。

 

 最近読んだ本を少し紹介する前に、ブクログのアカウント(本棚?)を作ったので宣伝しておきます→(http://booklog.jp/users/kngktsk1134)これを見れば私が何を読んでいるかスグわかるぞ!

 

 今更ではありますが、『銀河英雄伝説』(田中芳樹著、創元SF文庫)を読み始めました。SFとしても戦記ものとしても素晴らしい作品だと思います。人物の表現にあたっての文章力が凄まじいと思った(小並感)。

 

 『孤独のグルメ』お正月スペシャルの話を聞いて改めて読み返した。酒も飲まなければ誰かとワイワイやるわけでもなく、すごいごちそうを食べているというわけでもないのに不思議と惹きつけられる。ドラマはけっこう雰囲気が違うけど、あっちはあっちで見ていて不思議と面白い。